ニュース動態

専門家共通認識:連花清瘟顆粒が児童の新型コロナウイルスによる感染医学観察期間の推薦薬品

date:2020-02-08

近日、国家呼吸系疾病臨床医学研究センター、国家児童医学センター、中華医学会小児科学分会呼吸学組などは『児童新型コロナウイルスによる感染の診断、治療と予防に関する専門家共通認識(第1版)』(以下は『専門家共通認識』と略称する)を編纂したが、連花清瘟顆粒を児童新型コロナウイルスによる感染医学観察期間における力がないこと、発熱、喉の痛み、空せきの治療に用いることを推薦した。 

22.jpg

今回に発表した『専門家共通認識』は国家衛生健康委員会が発表した『新型コロナウイルスに感染された肺炎診療計画(試行第5版)』と小児科関連ウイルス感染診療策略を参考にして制定したものである。国家衛生健康委員会の『新型コロナウイルスに感染された肺炎診療計画』の第4版、第5版には、連花清瘟カプセル/顆粒が全て医学観察期間における使用薬品に入れられて、力がない及び発熱した患者に用いられるようになった。医学観察に組み入れられた群体は決してすでにコロナウイルスに感染されたことを確定されたわけではないが、この中にコロナウイルスに感染された患者もいるかもしれなくて、またインフルエンザ、普通の風邪を引いた者もいる。

『専門家共通認識』には、現在に受け入れた児童の病例から見て、多数の臨床病症がわりに軽くて、予後が良好で、多くの者が1-2週間以内に回復できるが、一部の児童病例が下気道感染症になったと言及した。

連花清瘟は風邪、インフルエンザの治療に対するが有効性が大量の基礎と臨床研究に検証されており、国家衛生健康委員会に発表された『インフルエンザ診療計画(2019年版)』に入れられたが、『漢方薬臨床応用指針・小児科疾病分冊』にも、連花清瘟を児童インフルエンザの熱毒による肺襲い症を治療する推薦薬品に明確に入れた。漢方医が言った熱毒による肺襲い症は熱毒が体内に集まって、肺を襲いた病症であるが、実にはある程度の肺部炎症である。

広州呼吸病国家重点実験室は研究によって、連花清瘟が肺組織内の炎性因子の含有量を減らして、インフルエンザのウィルスによる肺組織の炎症反応を軽減すことができることを発見した。2019年1月、王辰院士が引き受けて、衛生部北京病院、首都医科大学朝陽病院、首都医科大学宣武病院、広東省漢方医院などの全国の13の第三級甲等病院が参与した「連花清瘟顆粒によるウイルス性肺炎の治療のランダム、二重盲、プラセボ対照、マルチセンターでの臨床研究」は盲検解除された。結果によって、連花清瘟がウイルス性肺炎の患者の発熱、咳、咳による痰、胸の痛み、筋肉のだるみ、呼吸困難などの臨床病状の改善において、良好な治療効果を明らかに示したことを表明した。そのため、連花清瘟カプセル/顆粒は効果的にインフルエンザを治療することができるだけではなく、インフルエンザに併発する肺部の炎症に対しても良好な効果がある。

天津市漢方医薬大学第1付属病院の元院長、有名な漢方医の小児科専門家の馬融教授は、連花清瘟が主に2つの処方から構成されたもので、1つが風邪や暑気あたり病気を治療する麻杏石甘湯で、もう1つが2百年余り来によく使われている小児上部呼吸器感染を治療する銀翹散だ。この2つの処方を合わせて、効果がとても良くて、熱が下がって、咳を止めることができる。連花清瘟の藿香は香りあがって、湿気を取り除いて、吐き気を止めて、止瀉することができるとともに、とても良い熱下がり作用がある。大黄は子供に臟腑を通すように助けることができて、その後に発熱と咳も明らかによくなる。ロディオラルートはとても良い耐酸欠の作用があると紹介してくれた。

医学観察に組み入れられた児童にとって、連花清瘟顆粒の服用がとても便利で、児童の年齢によって使用量を調節すればよい。