ニュース動態

第7版方案を発表して、国の大賞を得た連花清瘟カプセルが疫病の防衛と管理を助ける

date:2020-03-05

3月3日、国家衛生健康委員会と国家漢方薬管理局は共同で『新型コロナウイルス肺炎診療計画(試行第7版)』を発表した。疫病発生から国の方案に漢方薬による新型コロナウイルス肺炎の治療を推薦したものは合計で5版があるが、全ての方案は連花清瘟カプセル、顆粒を医学観察期間の治療に用いることを推薦した。

0OmegfhhSf.jpeg

近日、天津漢方医薬大学循証医学センターの張俊華教授が『漢方医薬による新型コロナウイルス肺炎の予防・治療の証明規律分析』をテーマとする論文を発表したが、文章から検索された全国の広東、河北、浙江、山東などで発表した23の新型コロナウイルス肺炎の治療プランに、連花清瘟カプセル(顆粒)が現れた回数が最も多くて、共に18回に推薦されたので、新型コロナウイルス肺炎方案に推薦された回数が最も多い漢方薬となった。

連花清瘟カプセルが何度にも推薦されたのは、まず連花清瘟カプセルの科学研究成果が2011年度国家科学技術進歩2等賞を獲得したからであるが、これはその他の同類の薬物に備えていない優位である。連花清瘟カプセルは2004年から市場に登場してから今年に新型コロナウイルス肺炎の治療に応用されたまで、すでに国の面で20数回に推薦されたが、我が国のインフルエンザ、鳥インフルエンザ、新型コロナウイルス肺炎などのウィルス伝染性重大公衆衛生事件の予防と治療に用いられている。


連花清瘟カプセルによる新型コロナウイルス肺炎の予防と治療は多標的の作用を持っている


近日に雑誌の『漢方薬材料』に発表された論文の『連花清瘟カプセルによる新型コロナウイルス(2019-nCoV)肺炎の治療に関するネットワーク薬理学研究と初歩的な証明』は連花清瘟カプセルが新型コロナウイルス肺炎に対して多標的の治療作用を持っていることを実証した。

連花清瘟カプセルは漢方医の経絡病症理論で風邪や暑気あたりの急性熱病と急性伝染病の転換規律と治療を探求して、「積極的な介入」という治療対策を出したが、即ち、衛気同治、表裏双解、先に薬品を使って、病勢を切断して、全体的に調節して、多標的で治療して、「清瘟解毒・宣肺瀉熱」という治療方法を制定した。処方は歴代医学家の風邪や暑気あたりの急性熱病と疫病病症の薬品使用の精華を吸収して、『チフス論』の麻杏石甘湯と『急性熱病の弁別』の銀翹散を使って、明朝の呉又可氏の『温疫論』による疫病治療用の大黄を使って、疫を追い出して、病勢を切断して、藿香で湿気を取り除いて、濁気を避けて、ロディオラルートを配合して肺を整理して、免疫を調節して、積極的な介入という処方特色を体現している。

2月18日、広東省政府に開催された疫病発生情況の防衛と管理発表会で、鐘南山院士のチームメンバーである広州医科大学呼吸疾病国家重点実験室の楊子峰教授は、「連花清瘟カプセル(顆粒)は体外で新型コロナウイルスの細胞病理変化を著しく抑える効果がある。私達は今回の新型コロナウイルスがウィルスだけではなくて、また一連の極端な炎症表現を引き起こしたことを知ったので、私達も連花清瘟カプセル(顆粒)が人の普通のコロナウイルス(HCoV-229E)や新型コロナウイルス(COVID-19)感染細胞と誘導のTNF-α、IL-6、CCL2/MCP-1とCXCL-10/IP-10などの炎症因子の極端な表現に抑制作用を持っていることを発見した。これは臨床の炎症因子と互いに一致しているのだ。」と示した。これはちょう連花清瘟が新型コロナウイルスを抑制して、炎症を抵抗する多標的作用の特徴を証明した。

楊子峰教授はまた、「連花清瘟は42例の新型コロナウイルス確認症例の試験を完成したが、研究結果によって常規の治療に連花清瘟顆粒を加えて、明らかに発熱、咳、息詰りなどの臨床の病状を緩和することができて、また発熱の消え時間が対照組より平均で1.5日間を短縮して、感染が疑われる病例に対して類似の作用を持っていることを発見した。新型コロナウイルスの治療にいくつかの希望を持ってきて、特に軽度病気と中度病症に対して、疫病抵抗の焦眉の急を緩和することができると言える。」と紹介してくれた。漢方薬の連花清瘟は発熱、咳、息詰りのような症候群に対応しているが、臨床の作用構造は同様に多数の標的に対して、抗炎、抗ウィルス、咳止め、喘息の緩和、機体の免疫強化などの作用を発揮するように協力する。

鐘南山院士はこれに対して、連花清瘟カプセルなどの漢方薬がすでに臨床でよく使われているが、漢方薬の使用後にウィルスが細胞に入ることを減らして、炎症の病状を軽減することを示したので、これが漢方薬の使用にいくつか証拠を提供することができると指摘した。

 

連花清瘟は疫病発生の防衛と対策に助力

現在まで、全国で約7000万人に連花清瘟を使ったが、湖北省において百万人が使って、武漢の全てのコンテナ病院も連花清瘟を基礎薬品としている。湖北省、黒龍江省などのたくさんの省と市は連花清瘟カプセル/顆粒を備蓄薬品としているが、国家工業と情報化部はそれを疫病発生の防衛と対策の重点的な保障物資明細書の医療応急保障資材としている。

世界保健機関の専門家は武漢のコンテナ病院への応急手当て状況を見学に行った時に、武漢のコンテナ病院にある貴州第3陣湖北支援医療のチーム、国家緊急医学救援隊のメンバーの穆茂氏は、「専門家が特に興味を持ったのはコンテナにおいて漢方医薬を利用して中国医学と西洋医学を結合して新型のコロナウイルスによる肺炎を治療していたのかということだが、私は漢方薬の連花清瘟カプセルを使って、この薬も診療計画に推薦されたものだと答えた。」と紹介してくれた。

伝染病発生区域における連花清瘟の広い使用中に、最終的に感染が確認された患者でも、感染が疑われる患者でも良好な効果を表した。武漢科技大学付属普仁病院、武漢市第九病院、華潤武漢鋼鉄総医院において連花清瘟顆粒で治療した臨床報道はそれぞれ『世界漢方医薬』、『漢方医雑誌』、『中国実験方剤学雑誌』に掲載されたが、連花清瘟が新型コロナウイルスによる肺炎が確認された患者や感染が疑われる患者の発熱、咳、力がないことなどの病症を明らかに改善して、発熱、力がないこと、咳の連続の日数を減らすことを実証したが、この病床の臨床治療に研究の証拠を提供した。

A型インフルエンザ、B型インフルエンザ、鳥インフルエンザから新型コロナウイルスによる肺炎まで、10数年間に我が国で発生したすべての病毒性公衆衛生事件で、連花清瘟は治療プランの推薦を受けて、『インフルエンザ診断と治療指針』、『A型H1N1インフルエンザに感染された者の診療計画』、『漢方医薬によるB型インフルエンザ予防と治療方案』、『H7N9鳥インフルエンザに感染された者の診療計画』、『インフルエンザ診療計画(2019年版)』、『新型コロナウイルスによる肺炎診療計画(試行第7版)』などに入れられて、何度もの疫病の防衛と対策において、連花清瘟が多くの区域の政府に備蓄薬品として選ばれた。