製品
连花-jp.png

  • 薬品の名称:連花清瘟カプセル

  • 承認文号: 国薬準字Z20040063

  • 仕 様: 0.35グラム/錠

  • 使用方法と使用量: 経口服用。一回に4錠で、一日に3回です

  • 有効期間: 30ヶ月間

  • 成 分:連翹、スイカズラ、麻黄、杏仁、石膏、板藍根、オシダ、ドクダミ、パチョリ、大黄、ロディオラルート、メントール、甘草。補助材料:トウモロコシのでんぷん。

  • 機能と治療病症:疫病を取り除いて、解毒して、肺部の熱を出すこと。インフルエンザや熱毒の肺への傷害症を治療しますが、具体的に発熱や高熱、悪寒、筋肉だるみ、鼻づまり、涙、咳、頭痛、喉の痛み、舌赤、舌苔黄などの病症があります。

連花清瘟――インフルエンザを治療する代表--的な漢方薬

漢方薬の連花清瘟によるインフルエンザの治療に関する研究は2011年度国家科学技術進歩2等賞を光栄にも獲得した

  • 国家科学技術進歩2等賞を光栄にも獲得

  • 国家基本的な薬物品種

  • 国家医療保険A類品種

  • 国家級重点新製品

  • 国家重大新薬革新「12次5カ年計画」特定項目

  • 国家発改委ハイ・テクノロジー模範プロジェクト

  • 米国 FDA 第二期臨床研究に入った

経絡病症理論を指導にしてインフルエンザの漢方医発病規則と治療を探求して、「積極的な介入」治療策略を出して、漢時代の『チフス論』の麻杏石甘湯、明時代の『温疫論』の疫病治療用の大黄、清時代の『温病条弁』の銀翹散という3つの時代の有名な処方を1つに集めて、風邪、インフルエンザの初期病状に使うと、効果がとりわけ際立って、広域抗ウィルス、菌抑制、抗炎、解熱、痰取り除き、咳止めの作用があって、「風邪、インフルエンザ、鳥インフルエンザ、頭痛、発熱、体の悪寒、消炎、解熱、抗ウィルス、連花清瘟が最も安全」である。この薬はインフルエンザ、鳥インフルエンザ、新型コロナウィルスによる肺炎などのウィルス類呼吸道公衆衛生事件で重要な作用を発揮して、国の関連部門の備蓄薬品となった。

  • 2020年 『新型コロナウイルスに感染された肺炎診療計画(試行第7版)』の推薦薬品;

  • 2019 年『インフルエンザ診療計画(2019年版)』の治療用推薦薬品;

  • 2018 年『インフルエンザ診療計画(2018年版改訂版)』の治療用推薦薬品;

  • 2018 年『インフルエンザ診療計画(2018年版)』の治療用推薦薬品;

  • 2017 年『漢方薬臨床応用指針・小児科疾病分冊』の治療用推薦薬品;

  • 2017 年『H7N9 鳥インフルエンザに感染された者の診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2016 年9 月、連花清瘟の FDA第二期臨床研究は米国バージニア州でスタート;

  • 2015 年『特殊群体普通風邪に関する専門家共通認識』の治療用推薦薬品;

  • 2015 年『中東呼吸器症候群病例診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2014 年『エボラウイルスに関する漢方医診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2014 年『H7N9 鳥インフルエンザに感染された者の診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2013 年『H7N9 鳥インフルエンザに感染された者の救助治療に関する専門家共通認識』の治療用推薦薬品;

  • 2013 年『H7N9 鳥インフルエンザに感染された者の診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2012 年『B型インフルエンザに関する漢方医薬予防治療方案』の治療用推薦薬品;

  • 2011 年『インフルエンザ診断と治療指針』の治療用推薦薬品;

  • 2010 年『リウマチ性肺熱病(非重症コミュニティ獲得性肺炎)診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2009 年『A型H1N1インフルエンザに感染された者の診療計画』の治療用推薦薬品;

  • 2008 年『地震区域区の災害後疾病予防治療における漢方医薬応用方法に関する指導意見』の治療用推薦薬品;

  • 2008 年『鳥インフルエンザに感染された者の診療計画2008版』の治療用推薦薬品;

  • 2005 年『鳥インフルエンザに感染された者の診療計画』の治療用推薦薬品;

[薬品の名称] 汎用名称:連花清瘟カプセル

                    中国語のピンイン:Lianhua Qingwen Jiaonang

[成 分]   連翹、スイカズラ、麻黄、杏仁、石膏、板藍根、オシダ、ドクダミ、パチョリ、大黄、ロディオラルート、メントール、甘草。補助材料:トウモロコシのでんぷん。

[性 状]   本品は硬いカプセルですが、内容物は黄色や黄褐色の粒子と粉末で、少し香りがあって、味が少し苦しいです。

[機能と治療病症] 疫病を取り除いて、解毒して、肺部の熱を出すこと。インフルエンザや熱毒の肺への傷害症を治療しますが、具体的に発熱や高熱、悪寒、筋肉だるみ、鼻づまり、涙、咳、頭痛、喉の痛み、舌赤、舌苔黄などの病症があります。

[仕 様]  0.35グラム/錠

[使用方法と使用量] 経口服用。一回に4錠で、一日に3回です。

[不良反応] 発売後のモニタリングデータには、本品は吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、腹部膨満、むかつき胃腸の不良反応、および皮疹、かゆさ、乾き、めまいなどが出たことを示しました。

[禁 忌] 本薬品や本薬品の成分に対するアレルギー者は服用を禁止します。。

[注意事項]

  1. たばこ、酒と辛くて生や冷たくて脂っこい食品を食べることを禁止します。。

  2. 薬の服用期間に同時に栄養補給的漢方薬を服用するのに適しません。

  3. 寒風と寒気の風邪の患者に適しません。

  4. 高血圧、心臓病の患者は服用にご注意ください。肝臓病気、糖尿病、腎臓病などの慢性病の深刻な患者は医師の指導で服用するべきです。

  5. 児童、妊婦、哺乳期の女性、お年寄り、体が弱い者および脾臓が虚弱な者は医師の指導によって服用するべきです。

  6. 発熱で体温が38.5℃を超えた患者は病院へ診察を受けに行くべきです。

  7. 使用法と使用量に厳しく従って服用してください。本薬品は長期にわたり服用するべきでありません。

  8. 3日間に薬を服用してから、病状緩和がない場合、病院へ診察を受けに行くべきです。

  9. 本薬品に対するアレルギー者は服用を禁止しますが、過敏な体質者は服用に注意してください。

  10. 本薬品の性状が変えた場合、服用を禁止します。

  11. 子供は成人の後見で服用しなければなりません。

  12. 本薬品を子供が接触することができない場所に置いてください。

  13. その他の薬品を服用しているうちに、本薬品を服用する前に医師や薬剤師に問合せしてください。

  14. スポーツ選手は服用にご注意ください。

  15.  湿気防止袋を開けた後に、湿気を防ぐことにご注意ください。

[薬物の相互作用]  その他の薬物と同時に服用する場合、薬物の相互作用が発生する恐れがありますが、詳しくは医師や薬剤師に問合せしてください。

[貯 蔵] 密封して、日陰で涼しい所(20℃以下)に置いてください。

[梱 包] ポリ塩化ビニールの固体薬用シート-薬用アルミ箔。2×12錠/シート/箱。

[有効期間] 30ヶ月間

[実行標準] 『中国薬典』2015年版一部

[承認文号] 国薬準字Z20040063

[説明書の改訂日] 2019年3月20日

[メーカ]

名称:石家荘以嶺薬業株式有限公司

住所:石家庄市高新技術開発区天山大街238号

郵便番号:050035

電話番号:800 8038581(固定電話を利用する場合) 400 7898989(携帯電話/固定電話を利用する場合) (0311)87320288

ファックス番号:(0311)85901719

サイト:http://www.yilingshop.com                           

問題がある場合、メーカにご連絡ください。