私達に関して
会社案内
代表取締役
社長
  • 医学修士、商工業管理修士

  • 全国人民代表大会代表

  • 中国漢方薬協会副会長

  • 中国農村衛生協会副会長

  • 河北省商工業連合会副主席

  • 石家庄市商工業連合会主席、総商会会長

 

国際的な視野

2004年、社長の呉相君はイギリスのハル大学の商工業マネジメント学科の修士学科を卒業しました。この全世界の商科の名門校で、彼がグローバル的な高度に立って経済の情勢を見通して、企業の発展を考える目を育成しましたが、中国が全世界の経済体系で含んでいる巨大な発展潜在能力と漢方医薬という戦略的な新興産業の発展のため、彼は毅然として帰国しました。10数年間の努力と苦闘を経て、彼は国際的な視野を備える見通し力を持っているとともに、また我が国の医薬産業の発展を深く理解して、そして発展中で成功を求める企業家になって、2015年に河北省十大経済風雲児に選ばれました。

マーケティングの無敵軍隊の鍛造

帰国の初めに、呉相君はマーケティングの第一線に立てましたが、彼は「客先を中心にして、市場とゼロ距離にする」、「第一線が客先を囲んで、第二線が第一線を囲んで、全員が市場を囲む」という市場理念を受けて、全国の範囲内で、実行力を核心にして、苦しいことを恐れなくて、戦いに耐えて、戦えば必ず勝つマーケティングの無敵軍隊を鋳造して、専攻化の学術マーケティングの道を歩き出して、以嶺社の発展に頑丈な基礎を打ち立てました。

全体局面の把握と発展

呉相君はずっと科学技術による革新で漢方医薬の産業化を動かすことを堅持して、広い視野で国際製薬の発展を推進して、会社の発展の高度に立って大健康産業の発展を進めていますが、彼は製品の品質を思い切って強化して、実際の行動で「薬品の品質が何よりも重くて、人民の生命が何よりも重要だ」という品質理念を実行して、GAP標準に合う漢方薬材料栽培養殖基地を推進して、欧米先進国のGMP要求に合う国際標準生産プラットフォームを構築して、以嶺薬業社が我が国の医薬企業の調合剤国際化の先導企業になりました。彼は会社を勇敢に社会の責任を担うようにリードして、納税額が30億元を超えて、「健康中国田舎行」、「以嶺ケア医師健康特定プロジェクト基金」、「慢性病(経絡病症)防止と治療中国行」などの公益活動を主宰して推進して、貧困扶助・困難救済を実行して、「最も社会責任を備える上場企業」、「中国医薬企業社会責任貢献賞」などの多くの栄誉を光栄にも獲得しました。


社長